あみぐるみのantoco*について

あみぐるみのantoco*について

あみぐるみをつくることが大好きなわたし、『石田陽美(はるみ)』が運営する『あみぐるみ制作・販売』のサイトです。

そもそも『あみぐるみ』ってなに?

あみぐるみ(編み包み)は、毛糸などの編み物で作った人形。ぬいぐるみの一種。
あみぐるみがいつ頃から作られていたのかは不明。編物を使用した人形は知育玩具や幼児向けのおもちゃとして古くから作られていたが、日本では1980年代後半にNHKの教養番組で取り上げられたことから『あみぐるみ』の名称が一般化した。
基本的にかぎ針一本で製作できることから取り付きやすく、愛好家が増えており、2001年にはあみぐるみ展が開催されるまでになった。

>wikipedia情報

あみぐるみは主にかぎ針を使って毛糸を編んでつくる人形のことです。
ひと目ひと目編んでつくりますのでとても時間はかかりますが、その作業時間分とても愛着のわくものでもあります。

石田陽美(はるみ)と、あみぐるみについて

私が「あみぐるみ」と出会ったのは小学5年生のころでした。
母が持っていた雑誌に掲載されていたあみぐるみを見つけたことがきっかけでした。
「なにこれ?!毛糸で人形が作れると?!」と、すっごく驚いて、心ときめいたことを覚えています。

私が生まれ育った場所は、長崎県にある「壱岐」という小さな島で、遊ぶ場所は自然以外何もありませんでした。
雨の日は家にいるしかないわけで、必然的に手芸を好きになっていました。

壱岐はここです

あみぐるみとの出会い

寒くなってくると、母が編み物を始めます。
それを真似て、私もよくマフラーを編んでいました。
もちろん子どもの私にマフラーを完成させるなんてできるわけもなく、 毎冬ガタガタのマフラーを数センチ編んでは、「編み物って全然おもしろくない…」そういっていつも完成させることなく放り出していました。

そんなある日、母が読んでいた雑誌をペラペラとめくっていると、なんともかわいらしい毛糸でつくった人形が載っているのを見つけたのです!「毛糸はマフラーやセーターなどを編むためのもの」としか思っていなかった私にとって、 「あみぐるみ」との出会いは衝撃的でした。

すぐに母に編み方を教えてもらい編み始めました。
もちろん最初からさくさくと編めるわけもなく、何度も何度も失敗しました。
しかし不思議と、セーターやマフラーのように飽きてしまったりはしませんでした。 何かしらのカタチになることがうれしくてうれしくて、そうして、あみぐるみの楽しさにすっかりハマっていったのです。

宿題よりもあみぐるみ

学校から帰るとすぐに毛糸を取り出して、宿題よりもまずあみぐるみをつくる、そんな生活にどっぷりとつかっていきました。

島には大きな本屋さんも毛糸屋さんもなく、またインターネットもない時代でしたので、あみぐるみの参考になるものなど何もありませんでした。 だから、どうやれば丸くなるのか、どの太さの毛糸で、何号のかぎ針を使えば思ったとおりの形になるか、常に自分で想像しながら編んでいました。

でもその創造する工程もなかなか楽しかったんですよね。結構器用だったので、オリジナルのあみぐるみをたくさんつくっていったんですよ(笑)

毛糸は、島に小さな毛糸屋さんがありましたので、そこにあるものの中から選んで買っていました。だから毛糸にこんなにもたくさんの種類があるなんて大きくなるまで知りませんでした(笑)
当時主に選んでいたのは、発色の良いアクリル毛糸。子どもでしたから安いというところも魅力的だったのです。

子どものころにつくっていたあみぐるみ

こうやって「何もかも忘れて没頭できるもの」ができたということは、私にとってとてもラッキーなことでした。 それは、中学生になったある日、あるできごとで心に大きな傷をつくることになってしまったからなのです。

私はダメな人間だ

中学生のある日のこと。

全校生徒の前で発表するという機会に恵まれました。緊張はしていたけれど、ワクワクもしていました。
体育館に全校生徒が座っています。みんなの前に立って発表する、私の順番がまわってきました。一呼吸おいて話始めました。

すると、大きな声が聞こえてきました。体育館のうしろに立っていた先生からの「聞こえませーん」という言葉でした。 心臓がドキっとしました。改めて、大きい声で話はじめました。だけど、また体育館のうしろから「聞こえませんーー」っと先生に言われてしまいました。 そしてそれがもう一回続いたとき、私は全校生徒の前で普通には話せなくなっていて、声を震わせながら発表を終えていました。

「みんなが私を見ている!ダメな人だときっと思っている…。怖い…。」

これが、中学生の小さなハートにはとても大きく響き、心に大きな傷をつくってしまったのです。
気が付いたら、人前で話すことができなくなっていました。

授業中、教科書も読めなくなり、答えを言うために手を上げるということも、友だちと面と向かって話すこともできなくなっていました。 体育祭や合唱コンクールなど大勢での発表だとしても、心臓が爆発するんじゃないかというくらいドキドキと音を立てて鳴り響くので、 悟られないように、極力目立たないように小さくなって後ろに隠れるようになっていました。

当時の私にはなぜこんなことになったのか理由がわからなく、自分が悪いんだといつも自分を責めていました。

そして、いつの間にか昼休みは図書館にこもるようになっていました。

心の支えはあみぐるみ

そんなとき私の支えになってくれたのが「あみぐるみ」でした。
家に帰るとまずあみぐるみ、ご飯を食べてあみぐるみ、寝る前まであみぐるみ。
馬鹿みたいにあみぐるみ制作にはまっていました。こんなにハマれるものがこのときにあったということは、本当に救いでした。

人前で表現することができなくなり、自分というものに自信をなくした私の唯一の表現方法が「あみぐるみ」だったのです。

そして、社会人へ

心の傷はそのままに、私は社会人となりました。
初めて就いた職種は事務職で、そのときに会社の電話に出るだけでドキドキしたり、来客者にお茶を出すだけで手が震えたり、 銀行に行くだけで、電車に乗るだけでドキドキして心臓が壊れそうになるということに気づきました。 ただ日常を送るだけ、それがうまくできなくて、自分にどんどん自信がなくなり、いろいろなことを諦めた社会人生活を送っていました。

あみぐるみも一時は「あみぐるみを作ることを仕事にしたいなあ」そんなふうに思っていたこともありましたが、 いつの間にか「あみぐるみが仕事になるわけない」と自信ももてずに、ただの趣味のひとつとなりあまり作らなくなっていました。

ただ、このまま何もできない自分ではいたくない、そういう思いも強くあって、常にストレスと戦っていたりしたのです。

素敵な出会い

自分を変えたいと社会人テニスサークルに入り、テニスにハマるようになりました。
するとそこで、くりちゃんとくろちゃんというとって素敵な友だちができたのです。 2人は私と真反対で、いつもニコニコしていてとってもポジティブだったので、 こんな明るい人たちが「私なんかと」本当に友だちになってくれるんだろうか?これは夢か?とさえ思って不安を感じたりしていましたよ(笑)

おかげさまで夢ではなく、くりちゃんとくろちゃんは私にたくさんの友だちを紹介してくれて、 たくさんのイベントにも誘ってくれて、海で遊んだり、BBQをしたり、キャンプをしたりと、いつの間にか楽しい日々を送れるようになっていました。

そんなある日、くろちゃんの誕生日パーティをしよう!という話が持ち上がりました。
大好きな友だちへのプレゼント、せっかくだから何か思い出に残るようなプレゼントをしたいなと思い、 いろいろと想像を巡らせていると、子どものころに夢中になって編んでいた「あみぐるみ」を思い出しました。

「そうだ!くろちゃんによく似たあみぐるみをつくってプレゼントしよう!!」となったわけです(笑)

久しぶりに毛糸を買い編んでみることに。
あみぐるみを作るということがこんなに楽しいことだったんだと久しぶりに思いだし、あっという間にプレゼントのあみぐるみが完成しました。 それは、スリムな黒猫(くろちゃんだから(安易 笑))に、そのころよく着ていた服を着せたものでした(雰囲気だけですが 笑)。

誕生日パーティ当日、どきどきしながらそのあみぐるみをプレゼントすると友だちはすごく喜んでくれて、まわりの友だちもみんな「すごい!」「かわいい!」と口々に褒めてくれたのです。

そして「これなら売れるよ!」とまで言われうれしくなった私は、調子にのって「よぉし、あみぐるみを売ってみよう!」「そのためのwebサイトをつくろう!」と決めたのでした(笑)

あみぐるみ屋さんを始めるきっかけとなったあみぐるみ

あみぐるみ屋さんになる!

それからwebサイト作りに取り掛かりました。
リアル店舗は難しいのでネットショップを作ることにしました。
実はちょうどこの頃、事務職ではなく技術職になりたくて、webデザイナーの学校に通っていたのです。ものすごくタイムリーでした!

とはいえ当時はまだまだ、ドメインって?サーバーって?とわからないことだらけで、そのたびにまわりの友だちに助けてもらったものです。 ネットショップの名前は何にしようか、ロゴのデザインはどうしようか、あみぐるみはどれを載せようか、金額はどのように設定しようかと考えることがいっぱいでいろいろとたいへんでしたが、辛さはまったくなく、むしろ楽しくて仕方がありませんでした。

そして、2004年2月29日に「あみぐるみのantoco*」というサイトをオープンさせたのです!
(無理やりうるう年の日に間に合わせ公開しました。笑)

初期のwebサイト…へんですね(笑)

もちろんまだネット上に公開しただけで、閲覧者もほぼいないし作品も少ないし、すぐに買い手がつくわけではないので、これからがたいへんなのですが、自分のサイトができたということがとってもうれしかったことを覚えています。

さらにうれしいこともありました。実はサイトオープンの前日のこと。

初めて売れた日

サイトに掲載するあみぐるみを撮影するために近くの公園に行ったときのことでした。たまたま休憩のために入ったカフェで、幼稚園児くらいのお子さんを連れたお母さんに声をかけられたのです。「かわいい人形ですねえ。私はそういうの作れないからうらやましいです。」すると一緒にいたお嬢さんが「これ欲しい!」と。それを受けてお母さんが「これおひとつおいくらですか?よかった売ってくれませんか?」と言ってくださり、その場でお買い上げいただいたのです。正直びっくりし過ぎて、ちょっとあわてました(笑)

まだ何もしていないのに、私が作ったあみぐるみがはじめて1つ売れました。それはとてもうれしくてありがたいできごとでした。おかげで、私は自分の作品に自信も持つことができたのです。

サイトは徐々にですが見てくれる人が増え、少しずつ知らない方からも注文が入るようになっていきました。

それからときが経ち、現在へと至ります

私の編むあみぐるみはちょっと変なものばかり。
でもその「ちょっとへんなものが好きな人たち」に支えられて、今もあみぐるみ作家を続けることができています。

大人気のへんなあみぐるみ、全身タイツくん(笑)

あみぐるみの販売だけではなく、これまでにもいろいろな活動をさせていただいています。

  • 映画「テルマエ・ロマエ」にあみぐるみを提供
  • ニューヨークにあるRESOBOXギャラリーで開催された「世界あみぐるみ展」に参加
  • ニューヨークにある日本のセレクトショップ「J+B DESIGN」で約1年半あみぐるみを販売
  • 福岡三越のラシック福岡天神で『クリスマスあみぐるみワークショップ』を開催
  • 日本テレビ・ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『先に生まれただけの僕』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『anone』にあみぐるみを提供
  • 九州国立博物館の九州国立博物館広報誌「アジアージュ」キャラクター制作

などなど、ご縁あっていろいろなことを体験させていただいています。
詳しくは、「主な活動」をご覧ください。

たくさんの方に笑っていただけるような、癒される~と言っていただけるような、そんなちょっとシュールでかわいいあみぐるみをこれからもずっと作りつづけます。

あみぐるみのantoco*:石田陽美

次はどんなあみぐるみを作ろうか?

日々そんなことを考えながらワクワクと生活しています。
私がつくるあみぐるみで「ほっこり」したり「ぷぷぷっ」と笑っていただければ幸いです。
そして、いつかぜひ自分の手元においてかわいがっていただけたらとてもうれしく思います。

…ところで、心の傷はその後どうなったか、について

あみぐるみに没頭することで辛い学生時代やその後をなんとか生きてこれたわけですが、今でも完璧に治ったのかというと、それはわかりません。
というのも、このことに関して医者に「はい、治りました」と言われたわけではないからです。(いろいろあって病院にはちょっとしか行っていないので…。)

とはいえ、中学時代のことなのでだいぶ症状も薄くなっていることと、いろいろな人との出会いでこの心の傷との向き合い方が変わってきているからなのです。

あみぐるみつくってみませんか?

同じように心に傷をつくって毎日が辛いと感じているみなさん「あみぐるみをつくってみませんか?」
あみぐるみは、毛糸をひと目ひと目ひたすら編んでつくっていきます。なのでとても時間がかかります。しかしそれもひとつのセラピーなのではないかと思っています。

私はあみぐるみと出会ったことで救われました。

最後に

長文読んでいただきありがとうございました。

毎日の生活の中でふと思いついたデザインを形にすること、1本の毛糸を編んでつくるあみぐるみのおもしろさ、 そんなこともお伝えできればと思い「あみぐるみカフェ」というサイトもオープンしました。
このサイトは、「あみぐるみをつくってみたいけどよくわからない…」という初心者さんのために、 毛糸やかぎ針のこと、あみぐるみのつくり方、あみぐるみの楽しさなど、あみぐるみに関することを楽しく学べるサイトです。
よかったら、こちらもよろしくお願いします。

私の人生の中で、あみぐるみは切っても切り離せないものになっています。あみぐるみに助けられ、癒され、笑わせてもらいました。
あみぐるみを手にすることで得る癒しだとか、自分でつくることで得られる自信とかワクワクなども、お届けしたいなと思っています。

これからも、なんだか笑えるあみぐるみをを作りつづけていきますので「あみぐるみのantoco*」をどうぞよろしくお願いします((*´∀`*))