あみぐるみのantoco*について

そもそも『あみぐるみ』ってなに?

あみぐるみ(編み包み)は、毛糸などの編み物で作った人形。ぬいぐるみの一種。
あみぐるみがいつ頃から作られていたのかは不明。編物を使用した人形は知育玩具や幼児向けのおもちゃとして古くから作られていたが、日本では1980年代後半にNHKの教養番組で取り上げられたことから『あみぐるみ』の名称が一般化した。
基本的にかぎ針一本で製作できることから取り付きやすく、愛好家が増えており、2001年にはあみぐるみ展が開催されるまでになった。

>wikipedia情報

あみぐるみは主にかぎ針を使って毛糸を編んでつくる人形のことです。
ひと目ひと目編んでつくりますのでとても時間はかかりますが、その作業時間分とても愛着のわくものでもあります。

石田陽美と、あみぐるみについて

私が「あみぐるみ」と出会ったのは小学5年生のころでした。
母が持っていた雑誌に掲載されていたあみぐるみを見つけたことがきっかけでした。
「なにこれ?!毛糸で人形が作れると?!」と、すっごく驚いて、心ときめいたことを覚えています。

私が生まれ育った場所は、長崎県にある「壱岐」という小さな島で、当時は遊ぶ場所は自然以外何もありませんでした。
雨の日は家にいるしかないわけで、必然的に手芸を好きになっていました。

壱岐はここです

壱岐はここです

あみぐるみとの出会い

寒くなってくると、母が編み物を始めます。
それを真似て、私もよくマフラーを編んでいました。
もちろん子どもの私にマフラーを完成させるなんてできるわけもなく、
毎冬ガタガタのマフラーを数センチ編んでは、「編み物って全然おもしろくない…」
そういっていつも完成させることなく放り出していました。

そんなある日、母が読んでいた雑誌をペラペラとめくっていると、
なんともかわいらしい毛糸でつくった人形が載っているのを見つけたのです!
「毛糸はマフラーやセーターなどを編むためのもの」としか思っていなかった私にとって、「あみぐるみ」との出会いは衝撃的でした。

すぐに母に編み方を教えてもらい編み始めました。
もちろん最初からさくさくと編めるわけもなく、何度も何度も失敗しました。
しかし不思議と、セーターやマフラーのように飽きてしまったりはしませんでした。
何かしらのカタチになることがうれしくてうれしくて、そうして、あみぐるみの楽しさにすっかりハマっていったのです。

宿題よりもあみぐるみ

学校から帰るとすぐに毛糸を取り出して、宿題よりもまずあみぐるみをつくる、そんな生活にどっぷりとつかっていきました。

島には大きな本屋さんも毛糸屋さんもなく、またインターネットもない時代でしたので、あみぐるみの参考になるものなど何もありませんでした。 だから、どうやれば丸くなるのか、どの太さの毛糸で、何号のかぎ針を使えば思ったとおりの形になるのか、
常に自分で想像しながら編んでいました。でもその想像し創造する工程もなかなか楽しかったのです。割と器用な方だったので、自分で想像しながらいろんなあみぐるみをつくっていました。

島には小さな手芸屋さんがありましたので、毛糸はそこに置いてあるものの中から選んで買っていました。
だから、大人になって都会の大きな手芸屋さんに行ったときは、「毛糸ってこんなに種類があるんだ!」と感動したものです。
子どものころ主に選んでいたのは発色の良いアクリル毛糸。子どもでしたから安いというところも魅力的だったのです。

子どものころにつくっていたあみぐるみ、ピッコロさんなど

子どものころにつくっていたあみぐるみ

素敵な出会い

「あみぐるみやさんになりたい」そう思っていた私は、島にあるいくつかの雑貨屋さんをまわり「あみぐるみを置いていただけませんか?」とお願いしてみました。 しかしそんなにうまくいく分けもなくすべて断られてしまいました。当たり前ですよね、子どもつくったあみぐるみを取り扱ってくださるお店なんてそうそうありません。 そこで挫折した私は、大人になるにつれあみぐるみから離れるようになっていきました。
そんなわけで、島から福岡市内には出たものの普通に会社に就職していました。

社会人生活にもなれてきたある日、体を動かしたいなと思いテニスサークルに入りました。
するとそこで、とっても明るくて素敵な友だちができたのです。その友だちは私にもっとたくさんの友だちを紹介してくれて、海で遊んだり、BBQをしたり、キャンプをしたりと、いろんな遊びにも誘ってくれました

そんなある日、友だちのひとり、くろちゃんの誕生日パーティをしよう!という話が持ち上がりました。
大好きな友だちへの誕生日プレゼント、せっかくだから何か思い出に残るようなものをと思い、いろいろと想像を巡らせていると、子どものころに夢中になって編んでいた「あみぐるみ」を思い出しました。

「そうだ!くろちゃんによく似たあみぐるみをつくってプレゼントしよう!!」となったわけです(笑)

久しぶりに毛糸を買い編んでみることに。
あみぐるみを作るということがこんなに楽しいことだったんだと久しぶりに思いだし、あっという間にプレゼントのあみぐるみが完成しました。 それは、スリムな黒猫(くろちゃんだから(安易 笑))に、そのころよく着ていた服を着せたものでした(雰囲気だけですが 笑)。

誕生日パーティ当日、どきどきしながらそのあみぐるみをプレゼントすると友だちはすごく喜んでくれて、まわりの友だちもみんな「すごい!」「かわいい!」と口々に褒めてくれたのです。

そして「これなら売れるよ!」とまで言われうれしくなった私は、調子にのって「よぉし、あみぐるみを売ってみよう!」「そのためのwebサイトをつくろう!」と決めたのでした(笑)

あみぐるみ屋さんを始めるきっかけとなったあみぐるみ

あみぐるみ屋さんを始めるきっかけとなったあみぐるみ

あみぐるみ屋さんになる!

それからwebサイト作りに取り掛かりました。
リアル店舗は難しいのでネットショップを作ることにしました。
実はちょうどこの頃、事務職ではなく技術職になりたくて、webデザイナーの学校に通っていたのです。ものすごくタイムリーでした!

とはいえ当時はまだまだ、ドメインって?サーバーって?とわからないことだらけで、そのたびにまわりの友だちに助けてもらったものです。 ネットショップの名前は何にしようか、ロゴのデザインはどうしようか、あみぐるみはどれを載せようか、金額はどのように設定しようかと考えることがいっぱいでいろいろとたいへんでしたが、辛さはまったくなく、むしろ楽しくて仕方がありませんでした。

そして、2004年2月29日に「あみぐるみのantoco*」というサイトをオープンさせたのです!
(無理やりうるう年の日に間に合わせ公開しました。笑)

初期のwebサイト…へんですね(笑)

初期のwebサイト…へんですね(笑)

もちろんまだネット上に公開しただけで、閲覧者もほぼいないし作品も少ないし、すぐに買い手がつくわけではないので、これからがたいへんなのですが、自分のサイトができたということがとってもうれしかったことを覚えています。

さらにうれしいこともありました。実はサイトオープンの前日のこと。

初めて売れた日

サイトに掲載するあみぐるみを撮影するために近くの公園に行ったときのことでした。たまたま休憩のために入ったカフェで、幼稚園児くらいのお子さんを連れたお母さんに声をかけられたのです。「かわいい人形ですねえ。私はそういうの作れないからうらやましいです。」すると一緒にいたお嬢さんが「これ欲しい!」と。それを受けてお母さんが「これおひとつおいくらですか?よかった売ってくれませんか?」と言ってくださり、その場でお買い上げいただいたのです。正直びっくりし過ぎて、ちょっとあわてました(笑)

まだ何もしていないのに、私が作ったあみぐるみがはじめて1つ売れました。それはとてもうれしくてありがたいできごとでした。おかげで、私は自分の作品に自信も持つことができたのです。

サイトは徐々にですが見てくれる人が増え、少しずつ知らない方からも注文が入るようになっていきました。

それからときが経ち、現在へと至ります

私の編むあみぐるみはちょっと変なものばかり。
でもその「ちょっとへんなものが好きな人たち」に支えられて、今もあみぐるみ作家を続けることができています。

大人気のへんなあみぐるみ、全身タイツくん(笑)

大人気のへんなあみぐるみ、全身タイツくん(笑)

あみぐるみの販売だけではなく、これまでにもいろいろな活動をさせていただいています。

  • 京都『藝展』へ出展
  • フランス・パリで『3人展』を開催
  • UAEの首都・AbuDabiで開催された『8th Discover the one Japanese Art 2019 in AbuDabi』に出展
  • 九州朝日放送(KBC)『アサデス。』の美術協力としてあみぐるみを提供中
  • 日本テレビ・ドラマ『獣になれない私たち』にあみぐるみを提供
  • 九州国立博物館の九州国立博物館広報誌「アジアージュ」キャラクター制作
  • 日本テレビ・ドラマ『anone』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『先に生まれただけの僕』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』にあみぐるみを提供
  • 日本テレビ・ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』にあみぐるみを提供
  • 福岡三越のラシック福岡天神で『クリスマスあみぐるみワークショップ』を開催
  • ニューヨークにある日本のセレクトショップ「J+B DESIGN」で約1年半あみぐるみを販売
  • ニューヨークにあるRESOBOXギャラリーで開催された「世界あみぐるみ展」に参加
  • 映画「テルマエ・ロマエ」にあみぐるみを提供

などなど、ご縁あっていろいろなことを体験させていただいています。

あみぐるみはやさしいアートである

たくさんの方に笑っていただけるような、癒される~と言っていただけるような、そんなちょっとシュールでかわいいあみぐるみをこれからもずっと作りつづけます。

あみぐるみのantoco*:石田陽美

あみぐるみのantoco*:石田陽美

次はどんなあみぐるみを作ろうか?

日々そんなことを考えながらワクワクと生活しています。
私がつくるあみぐるみで「ほっこり」したり「ぷぷぷっ」と笑っていただければ幸いです。
そして、いつかぜひ自分の手元においてかわいがっていただけたらとてもうれしく思います。

私の人生の中で、あみぐるみは切っても切り離せないものになっています。
あみぐるみに助けられ、癒され、笑わせてもらいました。

これからも、なんだか笑えるあみぐるみをを作りつづけていきますので
あみぐるみのantoco*」をどうぞよろしくお願いします((*´∀`*))